ゴルフウェア コーディネート

ゴルフウェアのコーディネートは、難しい決まりがあるように思われていることも多いようです。確かに、それなりのマナーや推奨されるウェアというのはありますが、決して難しかったり複雑だったりするものではありません。

身だしなみが本来見栄を張るためや驕るためではなく、人と合う時に相手に対して失礼を避け、居心地良く過ごしてもらうためのものであるのと同じように、基本的には共にプレーする人への礼儀を外さず、清潔に見えることが一番重要です。

基本的なガイドラインを知るためにも、一般的にこれは避けたほうが良いとされているコーディネートから見ていきましょう。

  • Tシャツやハイネックなど、襟のないシャツを着用する
  • タオルを首に巻いたままでプレーする
  • ジーンズ、作業着、迷彩服などのラフな柄・形のズボンを着用する
  • シャツの裾をズボンの外に出すスタイル
  • 極端に丈の短いパンツ・スカートを着用
  • キャップ、ゴルフシューズを用いない

いかがでしょう。

それほど難しいものでもないことがお分かりいただけるのではないでしょうか。

イメージ的には、親しい目上の人と会って話をする場合に失礼に当たらない格好、を基本ラインに考えておけばいいのではないでしょうか。

さて、次に押さえておきたいマストアイテムについて。

これは、上記のNG例がわかれば極めてかんたんにわかると思います。

  • ポロシャツ
  • チノパン
  • キャップ
  • ゴルフシューズ

いかがでしょう。

ゴルフウェアと言ってもひとつひとつはそれなりに馴染みのあるものばかりではないでしょうか。

この4アイテムが、ウェアの基本中の基本とも言えるアイテムと言えますので、何を着ていくべきかよくわからない場合は、上記アイテムを、できるだけ全体が上品な感じになるように、柄や色を組み合わせるところから始めてみてはいかがでしょうか。

不慣れなうちは、ポロシャツは無地・柄なしで色目は明るめのパステル調、パンツもどぎつくない色合いで小さめのチェック柄などがおすすめです。

40歳以上の男性なら、ちょうどこんな企画がやっていますので参考にどうぞ → 40歳からの大人ゴルフスタイル

ページトップへ